シャンプーは本来、

髪や頭皮の汚れを落とし清潔に保つために行う基本ヘアケアです。

 

でも、その洗い方次第では、頭皮や髪に皮脂や汚れ、

整髪料が残り、正常な髪の育成や皮膚生理が妨げられてしまいます。

また、キューティクルの損傷を起こさせたり、損傷を拡大させてしまいます。

髪や頭皮を傷めないシャンプーをしましょう。

 

【のけぞりスタイル】

洗い方は、頭を少し上に向け、髪がオールバックになる様にします。

シャワーで流す時は、もう少し上を向いて頭を45度位傾けます。

 

<のけぞりスタイル>の良い点は、髪や頭皮に負担をかけません。

顔が上を向く事で、顔周りの髪や頭皮が洗いやすく流しやすくなり、

 洗い残し、濯ぎ残しが防げます。

 

・どの箇所を洗う時でも、髪に沿って手が動かします。

 

・洗髪時に、手が髪を横断する事なく、髪同士の摩擦がないので、

  キューティクルを傷めません。

 

・オールバックの自然な毛流れがキープされ、パーマヘアでも髪のカラミを防げます。

 

・シャンプー剤やトリートメント剤などの塗布が、ムラなく均一にできます。

 

・流す時にも、シャワーの温湯が頭皮に沿って流れ、

 頭皮にシャンプー剤を残しません。

 

・シャンプー剤やトリートメント剤が、顔につかなくてすみます。

 

・シャンプー剤やシャワーヘッドを、探す事なく手に取れます。

 

キューティクルの損傷は、シャンプー時やドライ時に多く起こります。

傷めない様に洗いましょう。傷めない様に乾かしましょう。

 

 

キューティクルは、髪の表面(外側)に見える部分、触れる部分です。

 

キューティクルの役割は、髪にツヤを与えたり、滑らかさを与えるだけではなく、

髪内部のタンパク成分の流出を防ぐ役割をしています。

いわば髪の保護役です。

 

キューティクルが損傷を受けると、

感触的にはツヤがなくなったり、ベタっとしたり、

引っかかる様になったり、絡んだりします。

 

また、髪内部の成分を保護出来なくなり、タンパク成分の溶出や流出が起こります。

 

タンパク成分が失われると、乾燥してパサついたり、

カサついたり、コシが無くなったりします。

 

またカラーでは、

染色性が悪くなり、褪色も早くなります。

パーマでも、かかりが悪くなり、ウェーブの持ちも悪くなります。

 

このように、キューティクルが損傷すると、

髪自身だけではなく、スタイリングにも悪影響を及ぼします。

 

少しの傷みでも、毎日毎日の積み重ねで、

3ヶ月、6ヶ月後の損傷差は、大きく出てきます。

 

ダメージは、1回のケアでパッと直るものではありません。

毎日のケアが重要です。

 

何気なく行っているシャンプーも、ちょっとだけ大切にして、注意行って下さい。

髪を洗う時、<前かがみ派>それとも<のけぞり派>ですか?

髪の長さが、15cm以上だったら、<のけぞりスタイル>をお勧めします。

 

キューティクルの損傷状態

(キューティクルは、髪同士やブラシなどの摩擦で欠けや剥離を起こします。)